クリムゾンソーダ

生活的趣味を探索ブログ

始動!ナナハンライダー!

750ではなく75ですが。

リトルカブの整備も終わり、登録、保険等の手続きも終わり

3日ほど乗ってみました。

 

感想としては『カブって遅いですね。』

ある程度は覚悟してましたが75ccにボアアップしてるから

50ccのスクーターよりは走るかと思ってたら

松山の平和通りっていう片側の2車線で

暴走4ストビーノにのったおばちゃんにぶち抜かれ

追いつけませんでした。

メーターで50km/hくらいしか出ません。

 

で翌日にバイク屋に純正部品注文に行ったところ...

「ホントに75ccか?」

という話題になりたまたま置いていた

50のリトルカブに交互試乗。

 

75の方が少しだけ発進時に力強く、加速も良いのですが

50と巡行速度は大差なく、

シフトアップ時にギクシャクしたり、

エンジンの回転がすぐに高くなり乗りにくい。

 

で調べてみると75のドリブンスプロケはノーマルの14丁でした。

ボアアップでトルクが上がって加速が良くなっても

ギア比がそのままなので走る速度は50ccのまま。

(むしろエンジンの回転数がが低くなるから遅くなるらしい)

でたまたまあった16丁に交換。

これが大正解でした。

 

シフトアップ後つながりが50の様にスムーズになり

各シフトの守備範囲が広くなり、高速走行も楽になりました。

なるほど。

 

スクーターと違うカブの良さって

確かにカブはスクーターと違ってマイナスな部分多いと思います。

アチェンジ。

チェーン張り。

シートが小さい。

メットインがない。

右スイッチの縦ウインカー。

セルフスターターがないのがある。

キャブ車はチョーク。

燃料コックの操作。

遅い。

 

ただ実用、性能ではなく趣味的で見ると、

カブというクラシカルな乗り物にて遊ぶのはとても楽しいです。

スクーターよりはるかにオートバイ的なエンジンフィーリングしてます。

 

ヤフオクリトルカブの落札相場見てみると結構高いのでびっくり

さすがに派手なカスタム車や汚い自家塗装、商品説明が少ないのは

2万円くらいですが

ノーマルで実働ならサビ多くても5~6万で取引されてるのが多いですね。

うちの75は不動+ボアアップ車だったとはいえタダでもらえたのは

ラッキーでした。

Zenfone3 Ultra ver Android 7.0 その5

Zenfone3 Ultra絶好調

前回の記事でヤフーのブラウザに変えて数日間。

標準ブラウザの『Chrome』と

『androidシステムのweb view』

のアップデートが数回ありました。

 

その後、標準ブラウザを『Chrome』に戻しても

動作が鈍くなる現象は再発しておりません。

ただ、朝起きたらホーム画面に配置していたアプリが

半分くらい消えてました。2回ほど。

なんでだろう。

 

昨日、『ZEN UI』のアップデートがあったので

再発しないと良いですが。

Zenfone3 Ultra ver Android 7.0 その4

不具合のまとめ

Android7.0にアップデート後。

動作がサクサク、カメラの音が小さくなるなど

メリットもありますが...

 

1、アプリが落ちる

2、一瞬だけマウスポインタが画面の中心に表示される時がある。

3、動作が重くなり、メモリ開放しても効果なし。

という不具合がでました。

 

1のアプリが落ちるはTwitterのアプリが良く落ちてましたが

数回のアップデートがあり安定してます。

 

2と3は前回の『ZEN UI』のアップデートで少しマシにはなった

気がしますが今回、色々試してみて調子が良くなったので報告です。

 

マウスポインタ表示対策

設定の中で色々、見ていたら『ユーザー補助』の項目の中に

『大きなマウスポインタ』というところをオンに。

設定後、2日間使ってますが謎のマウスポインタは出ません。

 

動作の不安定さの対策

これは正直悩みの種でした。

ブラウザの『chrome』が使用中にスクロールがカクカクになり

他のアプリの動作もカクカク。

『モバイルマネージャー』のメモリ開放しても少しの間だけ治る。

 

そのうち『モバイルマネージャー』自体が

応答なしになって再起動する必要が。

 

『ZEN UI』のアップデートで少しマシになった気がしますが

完治せず。

 

『モバイルマネージャー』の機能の『スーパーメモリ開放』を無効にして

普通の『メモリ解放』だけにするとモバイルマネージャーの

フリーズが治りました。

 

ただし動作カクカクはしばらくするとでました。

 

犯人はChrome???

そのメモリ開放をいじっていて気が付いたのが...

解放時にどのくらいの量が解放されたか表示されるのですが

(MBと表示されますが面倒なので記事はGBで表示)

 

複数のアプリ終了すると1GB少しオーバーの時がよくあり、

試しに『Chrome』だけ起動して解放したら0.8GB前後

解放になりました。

 

『Zenfone3 Ultra』の国内モデルは

カタログ上はメモリ4GB搭載しており

アプリ起動してない状態で約2.1GBのメモリを使用。

それプラス『Chrome』で約0.8GB使用。

合計約2.9GB。

 

世の中にはメモリが2GBの機種も普通にあるのに

ウェブ閲覧で2.9GBは使い過ぎな気がして

とりあえず『Chrome』を無効にして

ヤフーの『Y!ブラウザー』に変更。

すると今のところカクカクになる不具合が出てません。

メモリ解放しても約0.4GB解放になってます。

使用メモリが『Chrome』の約半分です。

 

デメリットして 

ヤフー系の他のアプリ(セキュリティや動作安定系、ヤフーのサービス系)

をインストールを催促されたり、

モバイル向けのウェブ表示を選択しててもパソコン向けの様な

情報量の多い画面が表示されます。

 

この状態で『モバイルマネージャー』の『スーパーメモリ解放』を

有効に戻してみましたが不具合は出てません。

 

ウインドウズの『Chrome』もなぜか最近、フリーズが

良く起きるように現在、『Edge』にてブログ編集してます。

 

ちなみに

メモリ解放後→2.1GB使用中

スーパーメモリ解放後→1.8GB使用中

となるスーパーメモリ解放の方が0.3GBほど多く空きを作って

くれてるようですね。

iPad2017いいですね!

iPad購入してしばらく経ちました。

感想としては使い勝手最高です。

 

『Zenfone3Ultra』はタブレットサイズのスマートフォン

言われてた意味がよくわかりました。

 

実は今回購入のiPadタブレットでして

Androidiosの違いや

画面サイズが6.8インチと9.7インチという違いもありますが

iPadって使ってみるとブラウザーなんかパソコンと同じ表示なんですね。

てっきりデカい通話機能のないスマホだと思ってたのでびっくり。

まあスマホでもパソコン用に設定できますが。

店頭で何度か触ってたのに気づいてなかった。

 

あとiPhone用のアプリとiPad用のアプリって別にあるんですね。

最初知らなくてiPhoneで使ってたアプリがないないと

騒ぎました。

でもアプリのストアで検索の設定変えたら出てきて一安心です。

 

充電は4時間くらいかかるみたいですが。

バッテリーの持ち良いようで。

不具合も今のところなしです。

 

あと文字変換も『Zenfone3Ultra』はATOK入ってるというわりに

イマイチ予測や変換が下手なんですね。

もしかしたiPadはアカウント引き継いだ3年使った『iPhone5s』

の学習データが利用されてるのかな?

 

現在の私の利用状況です。

メイン端末:『Zenfone3Ultra』

通話機能が必要なので基本外出時持ち出し。

非手帳型TPU製ケース装着。

ブラウジングSNS、地図、カメラがメイン。

バッテリーの消費を考え夜、帰宅すると朝まで電源オフ。

2日一度くらい充電。

 

サブ端末:『iPad2017 Wi-Fiモデル』

Wi-Fiモデルなので基本自宅使用。

手帳型ケース装着。

たまにモバイルルーターと一緒に持ち出し。

ブラウジングSNS、動画視聴、ショッピング等

未使用時電源オフ。

一週間くらいで充電。

 

あっちなみにブログ更新はキーボード必須なので

ウィンドウズのノートパソコンでやってます。

Zenfone3 Ultra ver Android 7.0 その3

ZEN UIのバージョンアップ

今日の朝起きてみると、

Googleplayからランチャーアプリの『ZEN UI』の

バージョンアップがありました。

 

それを適用したところ、今のところ...

メモリ解放するとフリーズしたり、

モバイルマネージャーがフリーズする

という不具合が少し減りました。

 

それとマウスポインタの一瞬表示も回数が少し減った感じです

モバイルマネージャーのバージョンアップないかなぁと思ってたら

UI自体の不具合だったのかな。。

モバイルマネージャー自体がUIの機能の一つの様な感じですけど。

 

Twitterのアプリは相変わらず時々落ちてしまいますが。

まだ数時間の使用ですが完全ではないものの

少しは良くなったと思います。

iPad2017モデル購入

なんだかんだでiOS端末再び

Zenfone3ultraというandroidOSの端末機を普段使用しているのでが

まあandroid7.0にしてから動作がやや不安定(全然使えるレベルですが)

また自宅と外出時に使用してたら充電のタイミングがやや面倒。

モバイルバッテリーにはお世話になっております。

 

またアプリがAndroidiOSとでは仕様や機能が違うアプリがいくつかあり

iPod touchの新型でも出たら買うかなあと漠然と思っていた矢先。

先日新型iPadの発表があり...

 

まあ評価は値段が安い以外は評価は

スペック、ディスプレイにコストダウンがありイマイチですが。

タブレットPCの出荷量が落ちつつなかで

普及しやすいモデルをということで追加されたとか。

ちなみにお値段は一番安いモデルで税別37800円から。

 

ではじめてのタブレット

f:id:akane_iro:20170523122406j:plain

家電量販店で下見してて、家に帰って一日考えて翌日購入。

購入時の店員さんがアタリでケースとガラスフィルムを

購入時のポイント内で納めてくれました。

 

購入モデル iPad Wi-Fiモデル 32GB スペースグレイ。

レシート見ると定価より1000円安くなってました。

それに10%ポイントも。

 

ストレージ32GBと128GBと悩みましたが。

128GBモデルが+11000円と考えると

お得な気がしましたが...半年前まで使ってたiPhone5s

16Gでやれたので32GBでもなんとかなるだろうと...

 

もしも64GB+5000円であればそれ買ったでしょう。

 

アクセサリがエレコムの手帳型ケースと

知らないメーカーのガラスフィルム。

 

ケース自体がまだ出てなく純正スマートカバー以外はエレコムのこれしか

在庫がなかったので。

ウルトラの時にアマゾンの1000円くらいの手帳ケースで失敗したので

3000円くらいのですがしっかりしてる感じです。

 

液晶保護フィルムは他の9.7インチモデルとiPad proなんかと共通なんだとか。

 

f:id:akane_iro:20170523122413j:plain

 

感想としては画面が大きくて快適ですが

持ち歩くにはかなり重いです。

友人がセルラー版のiPad AIRもっているのですが

ごくまれにしか持ち歩いてない理由がわかりました。

 

基本、自宅で使用なうえモバイルルーター持ってるので

値段と入手経路の関係もあり私はWi-Fiモデルで正解だと思います。

Zenfone3 Ultra ver Android 7.0 その2

安定感ダウン

そういえばウルトラのその後の感じですが

動作は普段はヌルサクなんですが、

6.0の時に無かった不具合が出てきました。

 

マウスポインタが表示される。

画面にほんの一瞬チラッチラッとマウスポインタが。

同様の報告が2chとかでもあり。

表示されるだけです。

 

アプリがよく落ちる様になった。

Twitterのアプリが良く落ちます。

他のアプリでも時々あります。

 

動作が突然重くなる。

基本はヌルサクなんですが...

なんかの拍子に動作が重くなります。

ロームTwitterのスクロールなどが...

これが一番重症かと。

 

メモリ開放などしても効果なし。

どうもメモリを管理してるモバイルマネージャー自体が

フリーズしてるみたいですね。

再起動すれば直ります。

 

やっぱ私にはOSはiOSの方が合ってますね。

安定性や操作の簡単さで。

iPad追加しようかな。