クリムゾンソーダ

生活的趣味を探索ブログ

F-05J 第1回 富士通 arrows F-05J 購入

ことのいきさつは

実は数週間前にリトルカブ75にて交通事故に遭ってしまいました。

近所のそこそこ広い道を走行中、左側の脇道から出てきた軽自動車が

飛び出してきて急ブレーキをかけるもそのまま衝突しました、

 

そして「あいたたた」とバイクを移動させてる間に相手がまさか行方不明。

警察に通報していたら徒歩でしれっと戻ってきました。

警察の方には借りている駐車場がありそこに車を置きに行っただけと

いいわけをしてましたが、「こっちは悪くない」という態度でちょっとムカムカ。

過失割合でも私が2で相手が8くらいの事故なんですが。

 

それに普段ならすぐに相手の車をスマホのカメラで撮影してたと思うのですが

実は以前購入したポーチ

crimson-soda.hatenablog.com

 

これのベルトを付けるける部分が千切れてしまい、補修しようかなと思って

見てみると体にあたる部分に生地が薄くなり破れが。

約5ヶ月の寿命でした帆布。

 

でしょうがなく背中のリュックにウルトラを入れていたのですぐに撮影もできず

逃走を簡単に許す結果に。

 

やっぱ身に着けてさっと使える方法をと。

 

まさかのaroows M03

実はウルトラはタブレット代わりにして『Zenfone4』もしくは

『Zenfone3』に変更しようかなと思いまして情報収集しました。

その過程で富士通の『arrows M03が』がアマゾンのタイムセールで

約13800円での特価で販売中。

 

処理性能的にはかなり低いですが、キャップレス防水と耐衝撃が魅力的。

購入をしてケースやフィルムなどをチョイスして、さらに使い勝手などの

情報を収集しなが楽しみに発送を待ってました...しかし。

 

ひどいよアマゾンさん!

6日目に外出から帰ってiPadをみると

「商品の準備ができないのでキャンセルされました」と

2chなんかで情報見てみるとキャンセルされたと情報がチラホラ。

さらにこのために有料会員になったのにキャンセルされたかわいそうな人も。

 

ついでにキャンセルされなかったけどいまだに発送されない人がいるとか。

在庫がないのあるようなフリして販売して、いざ注文を受けると在庫が足りないので

キャンセル。これはひどくないかい。

 

気を取り直して

M03が手元に来るということで準備してたので気を取り直して

ヤフオクで未開封品の兄弟機『F-05J』を購入。

15000円くらいでしたのでM03代金+約1000円で収まりました。

f:id:akane_iro:20170907120704j:plain

色はM03とM04にはない赤で。

花咲かGのラストリムーバーはアルミに使ってはいけません。

 タイトルの通りですが

メーカーの注意書きにもステンレスとアルミニウムは不可

と表記されてます。

 

では実際使用してみると

 

スチールにメッキの錆びたネジ(ホンダ純正部品)

ブルーアルマイトのアルミネジ(DRC製)

ステンレスワッシャー(ホームセンターの)

真鍮のメインジェット(カワサキのバイクの)

 
f:id:akane_iro:20170802134457j:image

20分くらい漬け置きしたら

液が薄く青色に。

アルマイト溶かすんですね。

 

実は塗装にはダメージ与えませんと表記があるのてすが

鉄に塗装の部分に使用したらなぜか一部のみ

変色してキリンみたいな模様になりました。

 


f:id:akane_iro:20170802134840j:image

溶液から出してみるとアルマイトが落ちて銀色が

こんにちは。

使用にはアルミニウム部分に付着しないように注意を。

リトルカブ75 カスタマイズ4 強化ブレーキアーム

タケガワ アルミ鍛造ブレーキアーム

リトルカブ乗り出してフロントブレーキが効きがかなり

甘いなぁと感じており色々と試行錯誤してました。

 

リアブレーキの効きは良いので急制動するシチュエーション

だとリアがロックして暴れて冷や汗物です。

とりあえずデイトナのプロブレーキシューには

交換しましたが少しだけ良くなったかも?

程度の感じです。

 

一番、安心だと思うのは高年式のカブ90の

フロントドラムが大型になって効きが良いとか。

ただし部品代とホイールを17インチか14インチかと

手間を考えると簡単には行きません。

 

というわけでタケガワのアルミ鍛造ブレーキアームに

交換しました。


f:id:akane_iro:20170717211810j:image

 

七千円近くしてボリュームの割にかなり高額な部品です。

 


f:id:akane_iro:20170717211920j:image

 

装着してみるとこんな感じです。

なんかブレーキアームのとこだけメカニカル!

 

ベトナムパーツのショップなんかで

何かの流用のロングブレーキアームが安くあるのですが

ブレーキワイヤーのガイドのオフセットがないので

ワイヤーか無理に斜めに取り付いてカッコ悪い

ので多少高くてもこちらにしました。

 

装着後の感想としてはNTBのフロントサスとデイトナ

プロブレーキシューも組んだ効果もあるでしょうけど

ブレーキレバーでのコントロール性がとても良くなり

前後のブレーキングのバランスが取りやすくなり

安心感が増えました。

リトルカブ75 カスタマイズ3 フロントサス

NTBのフロントサスペンション

リトルカブのフロントサスペンションは

とても柔らかい事で有名で

乗ってみるとフワフワしてます。

 

時速30キロ程度なら問題ないとは思いますが

原付二種になったうちの75の巡航速度では何か

物足りない。

 

リアサスを硬いことで有名なタケガワ製に変えた

せいもあるのでしょうけど。

 

ヤフオクで中古のスーパーカブの見てたのですが

きれいだとそこそこ高いですね。

今は予算に余裕があるので補修部品で有名な

NTBのサスペンションにしてみました。

 


f:id:akane_iro:20170716215757j:image

 

左側NTB。右側がリトルカブ純正。

アマゾンで買ったスーパーカブのメンテナンス本で

予習をし、分解、取り外し、グリスアップ。

ネットで見つけた規定トルクで組みました。

 

取り付け後の感想。

確かに硬くなりよい感じです。

高速走行(とはいっても知れてますが)

コーナーリング、ブレーキング。

とても良い感触になりました。

リトルカブ75 カスタマイズ2 ウインカーレンズ

タケガワのブレイズウインカー


f:id:akane_iro:20170709205136j:image

ビジネススクーターのベンリィのウインカーがクリアで

カッコイイなあと思ってました。

タケガワのブレイズウインカーのクリアがなんとなく

イメージに近い気がして交換してみました。

 

ノーマル
f:id:akane_iro:20170709205320j:image

 

ブレイズウインカー
f:id:akane_iro:20170709205341j:image

 

ウインカー下のビスを外して交換するのですが

取り付けの補足として、

前側はブレイズウインカー付属のビス。

後側は純正ウインカーのビスを使います。

(前側の純正ウインカーのビスは使えません)

黄色い車体には似合うと思います。

オレンジの電球が付属なのは嬉しいですね。

リトルカブ75 カスタマイズ1 リアサス

タケガワのリアサスペンション装着

 

f:id:akane_iro:20170708000644j:plain

シートの破れはバイク屋にオーダーして張替えしてもらいました。

するとしまりが良くなったようでシートが小さい、

座り心地が悪いといのうは感じなくなりました。

 

ただ、1時間くらい乗るだけで腰が痛くなる。

どうもリトルカブスーパーカブと違いビジネス用ではなく

街乗りバイクらしくサスペンションが柔らかいそうな。

その状態で50~60キロの速度で走ると衝撃が大きく

そして怖いです。

 

とりあえず簡単に交換出来て入手しやすい

(アマゾンで売ってる)

タケガワのリアサスペンションに交換。

YSS/東京堂の方が評価は高いみたいですが

あまりカスタムしてる雰囲気を出したくないので

ボディカラーと同じ黄色いスプリングをチョイス。

 

スイングアームのシャフトなんかもついでにグリスアップと

指定トルクで締め付けなおし。

 

5段階調整の2,3,4辺りで試走。

真ん中の3で落ち着く。

 

装着後の感想としてはノーマルよりゴツンとしなくなり

腰痛にはならなくなりました。良かった。

ついでに高速走行時に安定性が良くなったようで

怖くなくなったのと

発進時に踏ん張りが効くようになったのか

加速も少し良くなった感じです。

p> 

始動!ナナハンライダー!

750ではなく75ですが。

リトルカブの整備も終わり、登録、保険等の手続きも終わり

3日ほど乗ってみました。

 

感想としては『カブって遅いですね。』

ある程度は覚悟してましたが75ccにボアアップしてるから

50ccのスクーターよりは走るかと思ってたら

松山の平和通りっていう片側の2車線で

暴走4ストビーノにのったおばちゃんにぶち抜かれ

追いつけませんでした。

メーターで50km/hくらいしか出ません。

 

で翌日にバイク屋に純正部品注文に行ったところ...

「ホントに75ccか?」

という話題になりたまたま置いていた

50のリトルカブに交互試乗。

 

75の方が少しだけ発進時に力強く、加速も良いのですが

50と巡行速度は大差なく、

シフトアップ時にギクシャクしたり、

エンジンの回転がすぐに高くなり乗りにくい。

 

で調べてみると75の前スプロケはノーマルの14丁でした。

ボアアップでトルクが上がって加速が良くなっても

ギア比がそのままなので走る速度は50ccのまま。

(むしろエンジンの回転数がが低くなるから遅くなるらしい)

でたまたまあった16丁に交換。

これが大正解でした。

 

シフトアップ後つながりが50の様にスムーズになり

各シフトの守備範囲が広くなり、高速走行も楽になりました。

なるほど。

 

スクーターと違うカブの良さって

確かにカブはスクーターと違ってマイナスな部分多いと思います。

アチェンジ。

チェーン張り。

シートが小さい。

メットインがない。

右スイッチの縦ウインカー。

セルフスターターがないのがある。

キャブ車はチョーク。

燃料コックの操作。

遅い。

 

ただ実用、性能ではなく趣味的で見ると、

カブというクラシカルな乗り物にて遊ぶのはとても楽しいです。

スクーターよりはるかにオートバイ的なエンジンフィーリングしてます。

 

ヤフオクリトルカブの落札相場見てみると結構高いのでびっくり

さすがに派手なカスタム車や汚い自家塗装、商品説明が少ないのは

2万円くらいですが

ノーマルで実働ならサビ多くても5~6万で取引されてるのが多いですね。

うちの75は不動+ボアアップ車だったとはいえタダでもらえたのは

ラッキーでした。